コンテンツにスキップする
Photographer: Fayez Nureldine/AFP

北海ブレント急落、サウジが攻撃で失った生産の7割を近く回復と報道

An Aramco oil facility near al-Khurj area, just outside the Saudi capital Riyadh on Sept. 15, 2019.
Photographer: Fayez Nureldine/AFP

ロンドン市場で17日、北海ブレント原油先物が一時6%余り急落した。サウジアラビアは週末の石油施設への攻撃で失われた石油生産量の70%を近く回復すると、ロイター通信が伝えたことが手掛かりとなった。

  北海ブレント先物はこの報道後、1バレル=64.48ドルまで下落。ロイターはサウジ当局者を引用し、向こう2-3週間でフル生産に戻ると伝えた。当局者の氏名は明らかにしていない。

  サウジの主要石油施設が無人機の攻撃を受け、16日朝方にブレント先物は一時19%高と跳ね上がっていた。

原題:Oil Plunges on Report Saudis May Soon Resume 70% of Lost Output(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE