コンテンツにスキップする

英トーマス・クック、米連邦破産法15条の適用を申請-債務再編の一環

  • 代理人は法律事務所レイサム&ワトキンス-裁判所文書
  • 再建を進める間、米債権者による訴訟から保護される仕組み

英旅行代理店トーマス・クック・グループは、広範な債務再編の一環として米国で連邦破産法15条の適用を申請した。 

  16日付の裁判所文書によれば、同社はニューヨークの南部地区にある破産裁判所への適用申請を通じ資産の保全を図る。同社の代理人は法律事務所レイサム&ワトキンス。

  破産法15条の下では、外国企業は米国以外の国で再建を進める間、米国の債権者による訴訟から保護される。今回の適用申請は、トーマス・クックの社債を保証するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の支払いにつながる可能性がある。

原題:Thomas Cook Files for U.S. Chapter 15 Bankruptcy Protection (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE