コンテンツにスキップする

独カンコムの買い手候補、NTT子会社が含まれる可能性-関係者

  • 複数のアプローチを最近数カ月の間に受け選択肢を検討中と関係者
  • PE投資会社とカンコムのライバルが含まれる可能性が考えられる

ドイツの情報技術(IT)サービス企業カンコムは、買収の可能性を巡る複数のアプローチを最近数カ月の間に受けた後、筆頭株主と共に選択肢を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、買い手候補が買収について初期段階の協議を持ったが、カンコムの株価が続伸する状況で関心は薄れているという。16日の同社株価は5.1%高の53.75ユーロで終了し、年初来の上昇率が88%に達した。

  ミュンヘンに本社を置くカンコムは創業者3人が共同で株式の約10%を保有。関係者によると、同社の買収を検討している企業には、欧州テクノロジー業界に投資しているプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社のEQTとペルミラのほか、NTTの子会社やCDWのようなカンコムのライバルが含まれる可能性があるという。

  EQTとNTT、ペルミラ、カンコムの担当者は、コメントを控えている。CDWの担当者にもコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。  

原題:Cancom Is Said to Consider Options After Takeover Approaches (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE