コンテンツにスキップする

台湾がソロモン諸島と断交、中国の圧力と非難-外交関係は16カ国に

  • ソロモンが中国との国交樹立決めたことを受けた措置
  • 中国は金銭外交と政治圧力で台湾の国際的余地を狭めている-蔡総統

台湾は16日、中国との国交樹立を決めた南太平洋のソロモン諸島との断交を発表した。中国が台湾の孤立化を進めており、2016年の蔡英文政権発足時に22カ国あった台湾との外交関係を持つ国は16カ国に減少した。

  ロイター通信は今月、中国がソロモンに国交樹立を条件とした開発資金の融資を提案していると報じていた。

  蔡総統は「中国は金銭外交と政治的圧力を通じて台湾の国際的余地を狭めている」と主張。「これは台湾にとって脅威であるだけでなく、国際秩序に対する公然とした挑戦であり、攻撃だ」と述べた。

原題:
China Claims Diplomatic Coup Over Taiwan With Solomon Switch (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE