コンテンツにスキップする

トランプ氏、サウジ攻撃にイラン関与のもようと指摘-戦争は望まず

  • 誰とも戦争をしたくないが米軍の準備はできていると大統領
  • トランプ氏はホワイトハウスで記者団の質問に答えた

トランプ米大統領は16日、週末のサウジアラビアの石油施設への攻撃の背後にはイランがいたようだが、どの勢力とも戦争はしたくないと述べた。

  トランプ大統領はホワイトハウスでイランが攻撃の首謀者かとの記者団の質問に答え、「現時点では確かにそのように見える」と発言。「私は誰とも戦争をしたくない」が、米軍の準備はできていると語った。トランプ大統領はこの日、ホワイトハウスでバーレーンのサルマン皇太子と会談した。

  バーレーン石油公社の広報担当者によれば、サウジの石油施設が14日に攻撃を受けた直後、サウジはバーレーン向け石油パイプラインを閉じた。

原題:Trump Says Looks Like Iran Behind Attacks But Doesn’t Want War(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE