コンテンツにスキップする

ルクセンブルク首相、英EU離脱は「悪夢」-ジョンソン政権を批判

  • ジョンソン首相、共同記者会見をキャンセル-会場周辺にデモ隊
  • EU離脱に絡む混乱は英国が自ら作り出した問題-ベッテル首相

ルクセンブルクのベッテル首相は16日、ジョンソン英政権に対して徹底的な批判を展開した。英国の欧州連合(EU)離脱反対派からは称賛の声が上がった。

  EU加盟国の中でも特に英国に対する厳しい姿勢をあらわにするベッテル首相は感情を隠さず、英国のEU離脱は「悪夢だ」と表現した。

  同首相は記者団に対し、「英国にいるEU市民は自分たちの将来が分からない。この人たちの身になって考えて欲しい」と述べ、EU離脱に絡む混乱は英国が自ら作り出した問題だと非難した。同首相によると、ジョンソン首相は2度目の国民投票は行わないと言明した。

Xavier Bettel,

ジョンソン英首相に用意された演壇が空席のまま、記者会見するベッテル・ルクセンブルク首相(16日)

Bloomberg

  ベッテル、ジョンソン両首相が首脳会談後に臨むはずだった共同記者会見は予定より約1時間遅れた。屋外の記者会見場には2台の演壇が用意されていたが、姿を現したのはベッテル首相だけだった。英首相府の当局者1人が匿名を条件に述べたところによると、英国は繰り返し記者会見を屋内に移すようにルクセンブルク側に要請したがベッテル首相側は受け入れなかった。屋外ではジョンソン首相に反対するデモ隊の抗議運動の声が響いていたため、同首相には決まりが悪い場になった可能性がある。

  ジョンソン首相は代表テレビ取材には応じ、「英国の要点がかき消されていたかもしれない」との懸念から会見を中止したと説明した。同首相はまた、英国が新たな離脱協定を交渉しようとしているのは単に装っているだけだとの主張を否定しつつ、「厳しい局面」にあることは認めた。

  EUとの合意は「必ずしも保証されているわけではない。達成には懸命の作業が必要になる」と語った。

原題:Bettel Rips Into U.K and Calls Brexit Situation a ‘Nightmare’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE