コンテンツにスキップする

ECB、量的緩和は「限界まで」かなり長期継続できる-レーン理事

The sun shines on the euro sign sculpture outside the former European Central Bank (ECB) headquarters in Frankfurt, Germany.

The sun shines on the euro sign sculpture outside the former European Central Bank (ECB) headquarters in Frankfurt, Germany.

Photographer: Bloomberg/Bloomberg
The sun shines on the euro sign sculpture outside the former European Central Bank (ECB) headquarters in Frankfurt, Germany.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

欧州中央銀行(ECB)のレーン理事は新たな債券買い入れ策について、同中銀が自主的に設定した限界に達するまで、かなり長期にわたって続ける余地があるとの認識を示した。

  ECBが先週発表した債券買い入れを含む金融緩和パッケージは、チーフエコノミストであるレーン氏が政策委員会に提案した。

  同氏は16日、財政ファイナンスに類似しないよう定められた制限に、量的緩和(QE)が近く到達する危険はないと示唆した。

  ロンドンのブルームバーグ欧州本部で開かれたイベントで、レーン氏は「購入可能な債券の規模や動向に関するわれわれの見通しに基づくと、購入予定額はかなりの長期にわたって債券買い入れ策の現在の条件に整合すると確信している」と発言。緩和パッケージの効果については、インフレ率を0.2-0.3ポイント押し上げるとの見通しに「異論はない」と語った。

原題:ECB Can Do QE for Extended Time Before Limits Hit, Lane Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE