コンテンツにスキップする

米デュポン食品原料部門に買収案、蘭DSMなどが検討-関係者

デュポンのニュートリション&バイオサイエンス部門に対し、オランダ化学品メーカーのロイヤルDSMなどが買収提案を検討していると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。デュポンは他の企業にも同部門の売却を打診しているという。食品添加物や原料を製造する同部門は、最大250億ドル(約2兆7000億円)と評価される可能性がある。

  情報が非公開だとして匿名を条件に語った関係者らによれば、DSMはデュポン部門の買収案を検討しており、アドバイザーを確保。また関係者の1人によれば、デュポンはアイルランドの食品会社、ケリー・グループやスイスの香水・香料メーカー、ジボーダンなど他の買い手候補にも接触している。

  デュポンは最近、有力な買い手候補に秘密保持契約の書類を送付したと、関係者らは述べた。ブルームバーグ・ニュースは8月、デュポンがニュートリション&バイオサイエンス部門について、売却やスピンオフ(分離・独立)、「リバース・モリス・トラスト」方式による他社との合併を含めた複数の選択肢を検討していると報じていた

原題:DSM Said to Explore Bid for $25 Billion DuPont Nutrition Arm (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE