コンテンツにスキップする

【NY原油】急伸、ブレントは08年以来の大幅高-サウジ施設に攻撃

更新日時
無人機攻撃後に炎上するアブカイクの石油施設
無人機攻撃後に炎上するアブカイクの石油施設 出典:Planet Labs Inc.
無人機攻撃後に炎上するアブカイクの石油施設
出典:Planet Labs Inc.

16日の原油相場は急伸。北海ブレント原油先物は2008年以降で最大の上げで引けた。サウジアラビアの石油施設が攻撃され、世界で最も重要な産油地域で情勢が悪化することへの懸念が強まった。

  ロンドン市場のブレント原油先物は取引開始直後には約12ドル上昇と、過去最大の上げを記録。サウジ当局者が産油能力の早急な回復は難しいとの見方を示したことから、価格は今後も高い水準が続く可能性がある。事情に詳しい複数の関係者によれば、無人機(ドローン)の攻撃を受けたアブカイク石油施設では、生産が50%を回復するまで数週間ないし数カ月かかる見通し。

  クレディ・スイス・グループのエネルギーアナリスト、サウル・カボニック氏は「原油市場でこれほどの供給混乱と価格の反応は見たことがない」と指摘。「政治リスクプレミアムが再び原油市場のアジェンダになっている」と述べた。

  ロンドンICEの北海ブレント11月限は15%高の1バレル=69.02ドル。ゴールドマン・サックス・グループは、アブカイクでの生産停止が6週間を超えて続いた場合、ブレント原油は75ドルを上回る可能性があると分析した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物10月限は8.05ドル(15%)上昇し1バレル=62.90ドル。これは5月21日以来の高値。

原題:Oil Jumps Most in Decade After Attack Cripples Saudi Production(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE