コンテンツにスキップする

ディズニーのアイガーCEO、アップル取締役辞任ー動画配信で競合

  • 辞任した10日にアップルは「TV+」を11月1日に開始すると発表
  • アイガー氏は故スティーブ・ジョブズ氏の友人で11年から取締役

ウォルト・ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)が米アップルの社外取締役を辞任した。両社間の競争の高まりを示唆するものだ。

  アップルが米当局に13日提出した資料によると、アイガー氏は10日付で辞任。同社の共同創業者、故スティーブ・ジョブズ氏の友人だったアイガー氏は2011年から取締役を務めていた。ジョブズ氏も11年に亡くなるまでディズニーの取締役だった。

Inside The D23 Expo

ボブ・アイガー氏

Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

  アップルはテレビ番組や映画のオリジナル動画配信に参入し、ディズニーにとって新しい強力なライバルとなった。これに伴い両社の間で緊張が高まり、アップル取締役会でアイガー氏が果たす役割に疑問が生じていた。

  アイガー氏が辞任した日には、アップルのティム・クックCEOがオリジナル動画サブスクリプション(定額)サービス「TV+」を11月1日に月額4.99ドル(約540円)で開始すると発表している。

原題:
Disney’s Iger Quits Apple Board After Streaming Rivalry Heats Up(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE