コンテンツにスキップする

胸やけ薬「ザンタック」と後発薬、発がん性物質巡り米欧当局が調査

  • FDAとEMAは発がん性物質NDMAの混入レベルを調べている
  • NDMA混入の可能性への懸念で高血圧症治療薬がリコール

米欧の医薬品当局は13日、胸焼けを和らげる胃薬「ザンタック」(一般名ラニチジン)やそのジェネリック(後発薬)が発がん性物質に汚染されている可能性について警鐘を鳴らした。同じ物質が高血圧症治療薬の世界的なリコールにつながった経緯がある。

  当局はフランスのサノフィが手掛けるザンタックや多くのメーカーが製造する後発薬に発がん性物質N-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が患者に危険を与え得るレベルで混入しているかどうかを調査していると明らかにした。

  ラニチジンは制酸効果のある抗ヒスタミン剤で、さまざまな胃腸疾患の治療に利用される。NDMAはベーコンなど調理済みや塩漬けの肉に含まれる物質で一般的な産業上の副産物。

  高血圧症治療薬バルサルタンは昨年以降、NDMA混入の可能性への懸念から数十種類がリコールされている。

  FDAは13日、ザンタックとその後発薬について調査するとの声明を発表。欧州医薬品庁(EMA)は「ラニチジンを服用している患者がNDMAからリスクを受けるかどうか検証するためデータを精査しており、できるだけ早く情報を提供する」とした。

原題:
Carcinogen in Zantac and Generics Triggers FDA, EU Probes (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE