コンテンツにスキップする

【NY外為】ポンドが上昇、EU離脱懸念が緩和-ドルは軟調

13日のニューヨーク外国為替市場ではポンドが上昇。他の主要10通貨よりも堅調となった。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る懸念が弱まり、ポンド買いが入った。ドルは軟調。米中通商交渉を巡る雰囲気が引き続き明るいことからドル売りがやや優勢になった。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%安。一時は8月13日以来の低水準を付けた。ドルはポンドの堅調に圧迫された。一方、逃避先通貨はしっかり。カナダ・ドルとニュージーランド・ドルは下げが目立った
    • ドル指数は週間でも0.2%下げ、2週連続で低下
  • 中国政府が国内企業に大豆や豚肉など米国産の農産物を購入するよう促していることを明らかにし、これらの品目を追加関税の対象から除外すると発表したことがドル売りにつながった。米中の通商交渉チームは来月、協議を実施する
  • ポンドはニューヨーク時間午後4時54分現在、1.4%高の1ポンド=1.2504ドル。英議員がEU離脱に対する姿勢を弱めたことが買いを誘った
  • ユーロはドルに対して0.1%高の1ユーロ=1.1076ドル。一時は約2週間ぶりの高値を付けた。予想されたほどハト派的ではなかった前日のECBの決定を受け、ポジション調整が続いた
  • 米10年債利回りは一時1.90%まで上昇し、8月2日以来の高水準
  • 8月の米小売売上高は市場予想を上回るペースで伸びたが、自動車を除くベースでは予想を下回った。飲食店と自動車ディーラー、建材店、ガソリンスタンドを除いたベースのコア売上高は予想に一致。9月のミシガン大学消費者マインド指数は予想を上回ったが、現況指数、期待指数はともに予想を下回った
  • ドルは対円で変わらずの1ドル=108円10銭。108円12銭の100日移動平均線近辺で小動きとなった。週間では1.1%上昇し、1月以来の大幅高
Prior pattern suggests weekly euro declines against pound could persist

欧州時間の取引

  ポンドが上昇。英国が10月31日の期日までに合意できるとの思惑から買いが入った。

原題:Pound Surges as Brexit Fears Ease; Dollar Falls: Inside G-10(抜粋)
Pound Rallies on Fresh Optimism for Brexit Deal: Inside G-10

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE