コンテンツにスキップする

米スクエアの人気アプリ、無料の株売買機能も-ロビンフッドと競う

  • 「キャッシュ・アップ」への新機能追加でテスト-動画が示す
  • Eトレードなど既存のオンラインブローカーを脅かす可能性も

モバイル決済サービスの米スクエアはすでに同社の人気アプリで顧客が仮想通貨ビットコインを売買できるようにしている。この「キャッシュ・アップ」のユーザーは近く、株式の売り買いもできるようになるかもしれない。

  スクエアはキャッシュ・アップ利用者が無料で株取引を行える新たな機能を試している。ブルームバーグが確認したアプリ機能の大枠を示す動画で分かった。この機能が追加される正確な日時は未定だが、同社のスタッフが最近、新機能のテストを始めたと公に話す権限がないとして関係者が匿名を条件に話してくれた。スクエアの広報担当者はコメントを控えている。

  無料での株式売買の機能投入となれば、スクエアはフィンテックのスタートアップ企業ロビンフッド・マーケッツと直接競合することになる。ロビンフッドは無料取引を提供し、数百万という顧客を獲得。直近では企業価値が76億ドル(約8200億円)と評価されている。

  ロビンフッドはサービスをオプション取引や信用取引にも広げているが、スクエアによる株売買機能には当初、こうした取引は含まれないと関係者は説明。いずれにせよスクエアなどがこうした新たなサービスを展開すれば、米Eトレード・ファイナンシャルなど既存のオンラインブローカーを脅かす可能性がある。

原題:Jack Dorsey’s Square Is Testing a New Free Stock Trading Service(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE