コンテンツにスキップする
Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

ガンドラック氏、米大統領選前のリセッション入りを警告-確率75%

A Wall Street sign hangs in front of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York.
Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高経営責任者(CEO)は、米経済が2020年の大統領選を前にリセッション(景気後退)入りする可能性が高まっていると指摘した。米国債イールドカーブ(利回り曲線)の変化を理由に挙げている。

  ガンドラック氏はロンドンで、「2020年の選挙の前にリセッションを警戒するべきだ」と述べ、近づいてはいるがまだリセッション入りではないと加えた。ロサンゼルスに本拠を置くダブルラインは、預かり資産が1400億ドル(約15兆1400億円)を超える。

  米国が選挙前にリセッション入りする確率は75%だと、ガンドラック氏は予想している。ガンドラック氏は8月にも同様の予測を示していた。

  最も正確なリセッションのシグナルは逆イールドそのものではなく、「逆イールドの発生、そしてその解消だ」とも述べた。

  米国債市場では8月に2年債利回りが10年債利回りを上回る逆イールドが発生し、9月にそれが解消された。

Yields on 2-year and 10-year Treasuries inverted last month

原題:Jeffrey Gundlach Says U.S. on Pre-Election ‘Recession Watch’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE