コンテンツにスキップする

ドラギ総裁、銀行負担の緩和打ち出す-中銀預金金利マイナス深掘りで

欧州中央銀行(ECB)は12日、マイナスの中銀預金金利をさらに引き下げるとともに、銀行の負担を緩和する措置を打ち出した。マイナス金利政策が銀行システムを弱体化させるリスクを認めた格好だ。

  政策委員会は銀行の超過準備の一部についてマイナス金利を免除する2段階の階層化システムの導入を決めた。条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)の金利も引き下げ、銀行に有利な条件とした。

  ECBは追加利下げがインフレと成長の回復に寄与することを期待しているが、銀行はかねてからマイナス金利が収益力を損なうと訴えていた。銀行の体力が弱まれば貸し渋りにつながりかねず、むしろ成長の足かせとなる恐れもある。

Source: Bank of Japan, Swiss National Bank

原題:Draghi Gives Banks Pain Relief as ECB Negative Rates Cut Deeper(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE