コンテンツにスキップする

米消費者物価指数:8月はコア指数が予想上回る伸び-医療費上昇

更新日時

8月の米消費者物価指数(CPI)統計では、食品とエネルギーを除くコア指数が市場予想を上回る伸びとなった。9月に入り中国製品への追加関税が発動され、今後さらに物価が上昇する可能性がある。

キーポイント
  • 8月のコアCPIは前月比0.3%上昇-市場予想0.2%上昇
    • 前年同月比では2.4%上昇-市場予想2.3%上昇
  • 総合CPIは前月比0.1%上昇
    • 前年同月比では1.7%上昇
  • 医療費の前月比での伸びは2016年以来最大

  

U.S. health-insurance price index rises by most on record

  1日に中国製品に対する最新の追加関税が発動されたことから、インフレは9月に一段と加速する可能性がある。 

  医療費は前月比0.7%上昇。医療保険の大幅な値上がりが反映された。医療保険は前月比1.9%上昇、前年比では18.6%上昇した。前年比での伸び率は統計でさかのぼれる2005年以降で最大。病院サービスや市販薬も値上がりした。

  中古車は1.1%上昇し、これで3カ月連続での値上がり。一方で新車は2カ月連続で値下がりした。

  エネルギーは1.9%低下。ガソリンが3.5%下げた。食品は3カ月連続で変わらず。衣料品は0.2%上昇した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Core Inflation Exceeds Forecasts as Medical-Care Costs Jump(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE