コンテンツにスキップする

マレーシア中銀、政策金利を3%に据え置き-堅調な国内成長で

  • エコノミスト24人のうち16人が据え置きを予想-調査
  • 多様な輸出が世界需要軟化の影響を部分的に和らげると指摘

マレーシア中央銀行は2会合連続で政策金利を据えいた。世界的な景気リスクがあるものの、国内経済は堅調な成長を示している。

  12日の中銀発表によれば、翌日物の政策金利は3%に維持された。ブルームバーグがエコノミスト24人を対象に実施した調査では16人が据え置きを予想、残る8人は0.25ポイントの利下げを見込んでいた。

  中銀は「成長をけん引する国内要因が、安定的な労働市場と賃金の伸びと共に、経済活動を引き続き支えると見込まれている」と声明で指摘。「マレーシアの多様な輸出が世界需要軟化の影響を部分的に和らげるだろう」とも分析した。

Malaysia GDP growth perks up even amid rising external risks

 

原題:Malaysia Keeps Key Interest Rate Unchanged as Growth Steadies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE