コンテンツにスキップする

BNP女性ブローカーへの差別を認定-デスクに「魔女の帽子」

  • 「職場環境の性質を判断する材料になり得る」と審判で指摘
  • マッケンさんへの賠償額を決定する審理の日程は決まっていない

フランスの銀行BNPパリバに勤務し、同僚の男性よりも報酬が不当に少ないと訴えていた女性ブローカーに対する差別行為が、ロンドンで行われた審判で認定された。

  BNPのプライムブローカレッジ・プロダクトマネジャー、ステイシー・マッケンさんは、同じような職務を担当する同僚の男性よりも報酬が絶えず少なかったと主張。「銀行業界に賃金差別がある」ことが審判を通じて明らかになったと述べた。

  マッケンさんは、ある職場に入ると魔女の帽子が自分のデスクに置かれていることに気付いた。「圧倒的に男性が多い職場環境で、女性行員のデスクに魔女の帽子を置くという行動は、本質的に性差別に当たる」との判断が審判で示され、このエピソードは「(BNPの)職場環境の性質の判断材料になり得る」と指摘された。

  マッケンさんは400万ポンド(約5億3200万円)余りの賠償を求めているが、賠償額を決定する審理の日程は決まっていない。

  BNPの広報担当者はコメントを控えている。

原題:BNP Broker Who Saw Witch’s Hat on Desk Wins Employment Suit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE