コンテンツにスキップする

鴻海の郭前会長、国民党を離党-総統選への無所属出馬近く表明か

  • 郭氏の側近が選挙登録手続き確認のため中央選挙委員会を訪問
  • 出馬なら17日までに総統選で申請を済ませる必要

鴻海精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)前会長が12日、来年1月の台湾総統選への出馬を目指し、予備選に挑んだ野党・国民党を離党した。総統選に無所属で立候補する地ならしと受け止められている。

  郭氏の選挙運動で広報を担当する蔡沁瑜氏は、同氏が国民党を離党したことを同日明らかにした。無所属での出馬表明が近いことをあらためて示唆している。郭氏は国民党幹部と今週会った一方で、同氏の側近は選挙登録手続きを確認するため中央選挙委員会を10日に訪れていた。郭氏は17日までに総統選への出馬申請を済ませる必要がある。

Key Speakers At The G2 and Beyond Conference

鴻海精密工業の郭台銘前会長

Photographer: Billy H.C. Kwok/Bloomberg

  郭氏が参戦すれば三つどもえの激戦となりそうだ。蘋果日報が10日公表した最新の世論調査では、現職の蔡英文総統が33.7%でリード。国民党公認候補の韓国瑜高雄市長が28.9%、郭氏が25.6%で蔡氏を追っている。

原題:
Foxconn’s Gou Quits Opposition KMT Ahead of Likely President Run(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE