コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米株価指数先物が上昇、対中関税引き上げ延期とトランプ氏ツイート

  • 10月1日予定の対中関税率引き上げを15日に変更-トランプ氏
  • S&P500先物は0.6%高-ナスダック100とダウ平均の先物も高い
Monitors display stock market information as a pedestrian is reflected in a window at the Nasdaq MarketSite in the Times Square area of New York, U.S., on Friday, Sept. 6, 2019. U.S. stocks advanced and Treasuries were mixed as Federal Reserve Chairman Jerome Powell’s latest comments did little to alter views on Federal Reserve policy.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

アジア時間12日午前の取引で米株価指数先物は上昇。トランプ米大統領は、10月1日に予定していた対中関税率の引き上げを同月15日に変更するとツイッター投稿で表明した。

  S&P500先物12月限は日本時間午前8時31分現在、0.6%高。ナスダック100先物も0.6%高、ダウ平均先物は0.5%高となっている。

  トランプ氏は、中国からの輸入品2500億ドル(約27兆円)相当に対する追加関税率を現行の25%から30%に引き上げる計画について、「善意の意思表示として10月1日から同月15日に変更することに同意した」とツイートした。

原題:U.S. Stock Index Futures Bounce on Trump Tariff Tweet(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE