コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

モメンタム株からの資金逃避、始まったばかり-コラノビッチ氏

  • コラノビッチ氏の予想的中、2カ月前にバリュー株の好機指摘
  • バリュー株への急速な資金移動、追随の動きを強める可能性
Monitors display stock market information as pedestrians are reflected in a window at the Nasdaq MarketSite in the Times Square area of New York, U.S., on Friday, April 26, 2019. U.S. stocks edged higher on better-than-forecast earnings while Treasury yields fell after data signaled tepid inflation in the first quarter.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米国株のポートフォリオには経済的・地政学的な不安が大きく膨らんでいるため、モメンタム銘柄からバリュー株への資金移動は当面継続する公算が大きいと、JPモルガン・チェースのマルコ・コラノビッチ氏が述べた。

  マクロクオンツ・デリバティブ調査責任者を務めるコラノビッチ氏は、株価収益率(PER)などの指標で割安感がある銘柄に対する弱気を投資家が転換し、資金を急速に移す動きが9日に始まったと指摘。リセッション(景気後退)への懸念から高リスク資産が敬遠され、価格変動の少ない株などが好まれているという。同氏は7月、バリュー株に千載一遇の好機があると話していた。

Momentum stocks are sinking while value shares are coming back

  コラノビッチ氏によると、ヘッジファンドはショート(売り持ち)ポジションを積み上げることによって株式へのネット・エクスポージャーを今回のサイクルで最低の水準に押し下げてきた。英国の欧州連合(EU)離脱や香港に絡むリスクが後退し、経済指標の改善が見られる現時点では、今年の株式反騰相場を逃した運用者が、来月の米中貿易交渉再開まで続くと見込まれる上昇で挽回(ばんかい)を狙う可能性があるという。

  顧客向けのメモで同氏は、「米中交渉の行方は分からないが、記録的に低いポジショニングから株式相場が上昇できる期間は9月に3週間ある」との見方を示し、「記録的な高水準にあるグロス・エクスポージャーと記録的低水準のネット・エクスポージャーを考慮した場合、ネット・エクスポージャーが上昇する最も可能性の高い展開はショートの解消だ。先日見られたのは、まさにこの動きで、これが続く余地は大きいと考えている」と分析した。

  9日の市場で、バリュー株のモメンタム株に対する上昇率はここ数年で最大の部類に入り、JPモルガンによると統計的にはめったに起きない規模だという。これほどの急転換はバリュー株に向かう動きを強める公算が大きいと、コラノビッチ氏は語った。

原題:JPMorgan’s Kolanovic Says Flight From Momentum Is Just Starting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE