コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

トランプ大統領、10月1日予定の対中関税率引き上げを15日に延期

更新日時
  • 中国建国70年を念頭にした「善意の意思表示」とツイート
  • S&P500種先物やオフショア人民元が上昇、円は下げる
A container ship passes in front of containers and gantry cranes at the Haitian Container Terminal, operated by the Xiamen Port Authority, in Xiamen, China, on Monday, Aug. 26, 2019. After a weekend of confusing signals, only a few negotiators in Beijing see a deal possible ahead of the 2020 U.S. election, in part because it’s dangerous to advise President Xi Jinping to sign a deal that Trump may eventually break, according to Chinese officials familiar with the talks who asked not to be identified.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

トランプ米大統領は11日、中国からの輸入品2500億ドル(約27兆円)相当に対する追加関税率を10月1日に現行の25%から30%に引き上げる計画について、同月15日に2週間延期することにしたとツイートした。

  米中貿易戦争が一段とエスカレートするのを遅らせるとともに、両国が今後に予定している通商協議にとって前向きな環境をもたらす動きと言えそうだ。

  トランプ大統領は「中国の劉鶴副首相の要請や、同国が10月1日に建国70年を祝うことを踏まえ、善意の意思表示として2500億ドル相当に対する(25%から30%への)追加関税率引き上げを同月15日に変更することに同意した」としている。

Vice Premier Liu He Leads Chinese Trade Delegation In Washington

中国の劉鶴副首相

  S&P500種先物は一時0.5%上昇し、オフショア人民元は対ドルで0.3%高となった一方、円相場は下落した。

  中国は11日、昨年導入した25%の追加関税対象から除外する米製品のリストを公表した。同国政府は貿易戦争の影響を緩和しようとしている。

関連記事

原題:Trump Delays China Tariff Increase as Trade Talks Approach (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE