コンテンツにスキップする

米国、中国などからのフェンタニル流入阻止で大統領令も-関係者

更新日時
  • 米国郵政公社を通じて流入させる外国業者を取り締まりと関係者
  • オピオイド危機への対応で中国に協力を促すことが狙い

トランプ米政権は中国などからの合成オピオイド「フェンタニル」や偽造薬の流入を取り締まるための大統領令を検討している。匿名を条件に事情に詳しい関係者が明らかにした。米国がオピオイド危機への対応を急ぐ中で、中国に協力を促すため圧力を加えることなどが狙いだ。

  関係者によれば、検討されている大統領令草案は米国の2大物流会社であるユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)とフェデックスではなく、米国郵政公社(USPS)を通じて米国に送り込む外国業者を取り締まる内容。同草案に詳しい関係者1人によると、この取り締まりの焦点は中国だが、大統領令の対象は中国に限定していない。ホワイトハウスはコメントを控えた。

  米政府はこれまでも、フェンタニルの流出阻止への取り組みが不十分だと中国を批判してきた。米国のオピオイド危機では非常に中毒性の高い鎮静剤であるフェンタニルの過剰摂取で死者が増えている。

Three Waves of Addiction

U.S. deaths from opioid overdoses per 100,000 people per year

Source: National Vital Statistics System Mortality File

Methadone included in commonly prescribed opioids; deaths can involve more than one category

関連記事
米中貿易協議にフェンタニルは全く無関係-中国国家禁毒委
米国は合成オピオイド問題を政治的武器として利用-中国当局者

原題:Trump Plans Crackdown on Fentanyl Shipments from China, Others(抜粋)

(大統領令に関する情報などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE