コンテンツにスキップする

フィデリティ、ウィーワーク評価額を183億ドルに下げ-熱狂覚める前

  • 3月に持ち分の評価額を34%引き下げ-届け出で明らかに
  • 持ち分のバリュエーション、3億4160万ドルに下げ

米資産運用会社フィデリティ・インベストメンツの「コントラファンド」はシェアオフィス事業を展開する米ウィーワークについて、ウォール街が冷水を浴びせる以前に同社のバリュエーションを引き下げた。コントラファンドはウィーワークに早くから投資していた。

  フィデリティは3月、コントラファンドのウィーワーク持ち分の価値を3分の1余り引き下げた。規制当局への届け出で明らかになった。これに基づくと、ウィーワークの時価総額は約183億ドル(約1兆9700億円)と示唆される。フィデリティの従来の見積もりを基準にした時価総額は279億ドルだった。これらはいずれも昨年末時点における完全希薄化ベースの発行済み株式3億3840万株に基づく。

  ゴールドマン・サックス・グループは今年、ウィーワークを650億ドルの企業として売り込んだ。しかし、ウィーワークが損失続きで、見通しに関する疑問が生じる中、こうした評価は押し下げられた。ブルームバーグが先週報じたところによると、ウィーワークは新規株式公開(IPO)で200億-300億ドル程度のバリュエーションを目標に検討している。

  フィデリティは昨年第3四半期にウィーワークのバリュエーションを48%程度引き上げたばかりだった。規制当局への届け出とブルームバーグがまとめたデータによれば、ウィリアム・ ダノフ氏が運用するコントラファンド(運用資産1175億ドル)は3月末時点でウィーワーク持ち分の価値を3億4160万ドルに引き下げた。

原題:Fidelity Cut WeWork Valuation to $18.3 Billion Before Hype Faded(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE