コンテンツにスキップする

サウジアラムコ、IPOの引受金融機関を近く選定へ-CEO

  • IPOの実現、「非常に近いうちだろう」とナセルCEO
  • 主要上場先はサウジ国内も、「国外上場への備えもある」

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは10日、同社の新規株式公開(IPO)引き受け業務獲得を複数の銀行が目指していることを明らかにした。

  同社のアミン・ナセル最高経営責任者(CEO)はアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで開かれた業界会議で、銀行が「近く」選定されると述べた。引受金融機関についての確認は、世界最大規模となるIPOがようやく近づいていることを示唆する。同社のIPO計画は昨年、棚上げされていた。

  「株主がいつ上場を決定しようとも、アラムコは上場の用意ができているとわれわれは常に言ってきた」と同CEOは述べた上で、「非常に近いうちだろう」と付け加えた。

  アラムコがメインとする上場先は国内だが、ロンドンとニューヨーク、香港の取引所関係者が国外での上場も誘致している。ナセルCEOは「主要市場となる国内上場の決定がどのようなものになろうと用意はできている。同時に国外上場への備えもある」と語った。

  アラムコは共同主幹事として4、5行程度を選ぶ見通しで、それ以外の役割でも多くの金融機関が関与する見込みだと事情に詳しい関係者は先に述べていた。

原題:Aramco Readies Banks as IPO Is Coming ‘Very Soon,’ CEO Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE