コンテンツにスキップする

【米中ウオッチ】物価下落、IMFの抵抗、野村の証券合弁、香港脱出

米中を巡る主なニュースは以下の通り。それぞれの記事を読むには、青地のリンクをクリックしてください。

  • 中国の生産者物価、8月に下落幅拡大-さらなる景気減速を示唆
  • ムニューシン長官:米中協議に中国人民銀総裁参加へ-為替操作を協議
  • 習主席は「共産主義の熱狂的支持者」-米農務省のミッキニー次官
  • トランプ米大統領は中国との「ミニ合意」目指す可能性-エバコア
  • 米当局、中国人教授を訴追-ファーウェイ絡みの企業秘密窃盗に関与か
  • ファーウェイ、米商務省を相手取った訴訟取り下げ-機器返却後
  • マイクロソフト社長、トランプ大統領はファーウェイに不当な扱い
  • 中国、米国が貿易協議に向け環境づくりできるよう望む-人民日報
  • 対中貿易戦争に巻き込みたい米国、それには抵抗するIMF
  • 野村、中国証券合弁会社で100人以上採用へ-12月に営業開始
  • 対中貿易交渉、合意得るにはトランプ大統領の譲歩必要-アイズマン
  • 香港行政長官、公共施設に損害を与えないようデモ隊に呼び掛け
  • 香港の外国人、脱出を検討-早期には混乱収まらずと懸念
  • 55歳になったジャック・マー氏、アリババ会長退く-創業から20年
  • 中国の乗用車販売台数、8月は9.9%減の159万台
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE