コンテンツにスキップする
Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg

シティ、7-9月期トレーディング収入は前年比減少の公算大

更新日時
  • 投資銀行収入も前年同期比減となる可能性-シティCFO
  • BofAのM&A手数料収入はおそらく1桁台前半の伸びに-COO
Signage is displayed outside of a Citigroup Inc. bank branch in New York.
Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg

米銀シティグループは9日、7-9月(第3四半期)の債券・株式トレーディング収入は前年同期比でおそらく減少するとの見通しを示した。8月に顕著だったボラティリティー(変動性)に苦しんだことが背景だ。一方、バンク・オブ・アメリカ(BofA)の経営幹部は同四半期について、自行のトレーディングは「順調」だと述べた。

  シティのマーク・ メイソン最高財務責任者(CFO)は投資家との会議で、7-9月期の投資銀行収入も市場が全般的に縮小したことから、前年同期比減となる可能性が高いと語った。BofAのトム・モンタグ最高執行責任者(COO)は同会議で、企業の合併・買収(M&A)の手数料収入はおそらく1桁台前半の伸びになると述べた。

  7-9月期の市場ボラティリティーは米中貿易戦争やアルゼンチンの政治、英国の欧州連合(EU)離脱計画により押し上げられている。モンタグCOOは、7-9月のBofAの債券トレーディング収入は「若干」減少だが、株式トレーディングは良かったとし、9月は引き続き重要な月だと述べた。

  メイソンCFOはそれほど楽観的でなく、「状況は上期(1-6月)以降、改善しているものの、債券・株式トレーディングについては、市場に見られたボラティリティーの一部を考慮すれば昨年比で若干下回る公算が大きいだろう」と語った。

  9日の米株式市場で、シティの株価は4.3%上昇、BofA株は3.3%高。米国債利回り上昇で銀行株が値上がりした。

原題:Citi Warns Trading Revenue to Fall Amid Third-Quarter Volatility(抜粋)

(BofAの見通しを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE