コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル、逃避先通貨が下落-英EU離脱巡る懸念後退

更新日時

9日のニューヨーク外国為替市場では薄商いの中、ドルや円、スイス・フランが下落。英国が合意なしで欧州連合(EU)を離脱するとの懸念が後退し、リスクセンチメントが改善した。ドイツによる追加財政支出の可能性が伝えられ、ユーロは持ち直した。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%低下
    • ヘッジファンドやその他大口投機家によるドル・ロングの巻き戻しが影響した可能性がある
    • スイス・フランは主要10通貨のうち対ドルの下落率が最も大きかった
  • 米中貿易協議に対するセンチメントの改善や、中国人民銀行による預金準備率引き下げの発表、先週のパウエルFRB議長発言などを背景に逃避先通貨が下落した
  • ニューヨーク時間午後4時59分現在、ドルは円に対しては0.3%高の1ドル=107円24銭
    • 米国債利回りの上昇を背景に、ドルは遅い時間に107円27銭で日中高値をつけた
  • ユーロはドルに対して0.2%高の1ユーロ=1.1048ドル
  • ポンドはドルに対し0.5%高の1ポンド=1.2346ドル。英議会は、合意なきEU離脱に備えた対応策の公表を政府に義務付ける動議を可決
    • 合意なきEU離脱を阻止する法案は正式に成立。これで「政治的な騒動がいくらか沈静化し、合意なき離脱のリスクが多少は低下したと投資家は感じるだろう」と、スコシアバンクのチーフ為替ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏はコメント

欧州時間の取引

  ドル指数が2週間ぶりの低水準近くで推移。予想を下回る米雇用統計を受け、米金融当局が月内に追加利上げに動くかに市場の注目が移った。ジョンソン英首相がEU離脱に対する強硬姿勢を和らげているとの見方が広がり、ポンドは持ち直した。
原題:Dollar, Havens Slide as Hard-Brexit Fears Subside: Inside G-10(抜粋)
Dollar Pressured as Fed in Focus; Pound Rallies: Inside G-10

(相場を更新し、情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE