コンテンツにスキップする

英議会、合意なき離脱に備えた政府対応策の公表求める動議を可決

  • 長期の議会休会決定に至った政府内議論の公表義務付けも支持
  • バーコウ下院議長は10月末までに辞任へ、ポンドは上げ幅縮小

英議会は9日、合意なき欧州連合(EU)離脱となった場合の詳細な対応策について政府に公表を義務付ける動議を賛成多数で可決した。この動議はまた、長期の議会休会を決定するに至ったやりとりや文書の公表も求めている。

  動議は与党・保守党に所属していたがジョンソン首相により除名されたドミニク・グリーブ議員が提出していた。賛成は311、反対は302だった。

  これとは別にバーコウ下院議長は、10月31日までに辞任する意向を表明した。同議長は合意なきEU離脱の反対派にも発言や行動の機会を与えるなど、政権にとって疎ましい存在だった。議長の辞意表明を受け、ポンドは上げ幅を縮小した。

原題:MPs Demand Government Publish No-Deal Planning: Brexit Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE