コンテンツにスキップする

電子たばこのジュールにFDAが警告、低リスク主張は違法の可能性も

ジュール・ラブズの電子たばこが安全だとの主張は法律違反にあたる可能性があると、米食品医薬品局(FDA)が同社に注意した。

  ジュールは自社製品のリスクが紙巻きたばこより低いとの主張を、FDAの承認を得ずにマーケティング活動で使用したとして、FDAは9日付の書簡でジュールに警告した。ジュールはこれまで、電子たばこは成人に禁煙を手助けする手段として宣伝してきたが、FDAは学生も標的にしていると指摘した。

Juul

ジュールの電子たばこ製品

  FDAは同時に、未成年の電子たばこ使用のうちでジュールの製品が「引き続き大きな部分を占めている」ことを踏まえ、同社に広告・販売促進活動に関連する文書の提出を書面で求めた。

  ジュールは「書簡を精査中で、全面的に協力していく」と、テッド・クォン広報担当は述べた。

  ジュールは企業価値の高さで指折りの非公開企業で、米たばこメーカー、アルトリアの出資を受けている。

原題:Juul’s Marketing of Device May Have Violated Law, FDA Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE