コンテンツにスキップする

ファニーメイとフレディマックの株価急伸、米財務長官発言など受け

9日の米株式市場で、ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)の株価が急伸。両社株とも、上昇率は一時30%を超えた。ムニューシン米財務長官が両社による利益保持で当局と近く合意するとの見通しを示したことや、両社の利益を巡り株主が政府を相手取って起こした訴訟で株主側を支持する判断が下されたことが手掛かり。

  • ムニューシン長官はFOXビジネスで、議会が住宅改革で行動を起こさない場合、行政面での変更を加えることに「全く違和感はない」と発言。またファニーメイとフレディマックに対する議会の行動のタイムラインは3-6カ月だと述べた
    • 備考:ムニューシン長官と連邦住宅金融局(FHFA)のカラブリア局長は10日、住宅金融改革に関して上院銀行委員会で証言する予定
  • コンパス・ポイントは先に、ファニーメイとフレディマックの普通株の投資判断を「買い」とし、従来の「中立」から引き上げた。連邦高裁の判断は株主にとって「極めて大きな勝利であり、今後の行政面での改革に影響を与えるのはほぼ確実」だと、アナリストのクリス・ガマイトニ氏はリポートで指摘
  • 備考:ファニーメイ、フレディマックの投資家は6日、政府が両社の利益を吸い上げるのは違法だとして訴えた裁判に勝利
    • ニューオーリンズ連邦高裁の判事団は、政府が両社の利益全てを取得する権利を認めた下級裁の判断を覆した

原題:Fannie Mae, Freddie Mac Rally on Mnuchin, Court Victory (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE