コンテンツにスキップする

サウスカロライナ州元知事、共和党予備選への出馬表明-20年大統領選

  • マサチューセッツ州元知事ウェルド氏、ウォルシュ元下院議員に続く
  • 「債務と赤字、歳出について真剣で現実的な対話」を呼び掛け

米サウスカロライナ州元知事で下院議員も務めたマーク・サンフォード氏が2020年米大統領選の共和党予備選に出馬すると表明した。

  トランプ大統領への対抗馬となるのはマサチューセッツ州元知事のウィリアム・ウェルド氏、イリノイ州選出の元下院議員ジョー・ウォルシュ氏に続く少なくとも3人目。ただ一部の州では共和党の予備選が取りやめになる見込みだ。

  サンフォード氏(59)は番組「FOXニュース・サンデー」で出馬を明らかにし、「債務と赤字、歳出について真剣で現実的な対話」を呼び掛けた。同氏は州知事在任中に不倫が発覚した過去がある。

原題:Mark Sanford Running for 2020 GOP Nomination Against Trump (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE