コンテンツにスキップする
Photographer: David 'Dee' Delgado/Bloomberg

WeWork、200億ドル未満への評価額引き下げを検討

  • 一部投資家はIPOの延期を強く求めているとDJ
  • 早ければ9月に新規投資家のための説明会を開始する計画
Members walk through the lobby of the WeWork Cos Inc. 85 Broad Street offices in the Manhattan borough of New York, U.S., on Wednesday, May 22, 2019. WeWork has become the biggest private office tenant in London, Manhattan and Washington on its way to 425 office locations in 36 countries overall.
Photographer: David 'Dee' Delgado/Bloomberg

シェアオフィス事業を展開する米ウィーワークは米国で目指す新規株式公開(IPO)で、バリュエーションを従来の想定額から引き下げ、200億ドル(約2兆1400億円)未満にすることを検討している。ダウ・ジョーンズ通信(DJ)が事情に詳しい複数の関係者を引用して報じた。

  DJによれば、一部投資家はウィーワークに対し、IPOの延期を強く求めている。

  ウィーワークは早ければ9日に新規投資家のための説明会を開始する計画。親会社のウィーカンパニーと幹事会社は今週、IPOの需要喚起に向け必要になり得る変更を検討するため投資家との会合を予定している。

原題:WeWork Mulling Valuation Cut Below $20 Billion: Dow Jones(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE