コンテンツにスキップする

【NY外為】ドルが下げ縮小、パウエル議長は「適切に行動」と再表明

6日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが下げ幅を縮小。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は景気拡大を維持するため引き続き「適切に行動する」と述べた。市場で広がる今月の追加利下げ観測は変わっていない。

  • ニューヨーク時間午後4時42分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%安。一時は0.3%下げる場面もあった。週間ベースでは0.6%下落。3日には2017年5月以来の高値に達していた
    • パウエル議長は米国や世界の経済に関して、緩やかな成長の継続が最も可能性の高い見通しだとしつつ、米金融当局は「著しいリスク」を注視していると発言
    • 次回の連邦公開市場委員会(FOMC)は9月17、18両日に開催される
  • 8月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が13万人増と市場予想(16万人増)を下回った一方、平均時給の伸びは予想を上回った
  • 主要10通貨では、ニュージーランド・ドルが上昇率トップ。カナダの力強い経済指標を受けて加ドルも高い。一方、スイス・フランとポンドは下落
  • ポンドは週間ではなお6月以来の大幅高。来月の合意なき英国の欧州連合(EU)離脱リスクが後退したことが背景
  • 米10年債利回りは、ほぼ変わらずの1.56%。週間では約6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇
  • ドルは対ユーロで0.1%高の1ユーロ=1.1027ドル。対円ではほぼ変わらずの1ドル=106円92銭
Greenback poised for biggest weekly drop since June

欧州時間の取引

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数が週間で6月以来の大幅安。貿易を巡る緊張が和らぎつつあるほか、一部の中銀がそれほどハト派的でない姿勢を示したことから、リスクセンチメントが改善した。

原題:Dollar Trims Losses as Powell Repeats Policy Views: Inside G-10(抜粋)
Dollar Heads for Worst Week Since June Before NFP: Inside G-10

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE