コンテンツにスキップする

8月米雇用者数13万人増、予想下回る-時給の伸びは予想上回る

更新日時
  • 民間雇用者数は9万6000人増-3カ月ぶりの小幅な伸び
  • 失業率は3.7%で変わらず、労働参加率は上昇

8月の米雇用統計によると、雇用者数の伸びは市場予想に届かなかった。貿易を巡る不確実性と世界経済の成長軟化が見通しを曇らせており、2会合連続での米利下げに期待が強まりそうだ。

キーポイント
  • 民間部門の雇用者数は前月比9万6000人増-3カ月ぶりの低い伸び
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は15万人増
    • 前月は13万1000人増(速報値14万8000人増)に下方修正
  • 非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は13万人増
    • 2020年国勢調査に向けた臨時政府職員2万5000人の雇用が押し上げ
    • 市場予想16万人増
  • 家計調査に基づく8月の失業率は3.7%と前月から変わらず-ほぼ半世紀ぶりの低水準
  • 平均時給は前年同月比3.2%増(予想3%増)-前月比では0.4%増(同0.3%増)
U.S. economy added 130,000 workers in August as jobless rate held steady

インサイト

  • 労働市場の亀裂が大きくなりつつあることを今回の統計は示唆。米経済の主な原動力である個人消費と過去最長の景気拡大、さらにトランプ米大統領の再選を脅かす可能性も
  • ドイツ銀行のチーフエコノミスト、トルステン・スロック氏:
    • 「雇用の伸びは減速しつつあるというのが結論で、それは気掛かりなトレンドだ」
    • 「全体像として、景気が鈍化していることに間違いない」

詳細

  • 過去2カ月分の非農業部門雇用者数は計2万人の下方修正-これで3カ月平均は15万6000人増に
  • 民間雇用者数の過去3カ月平均は12万9000人増
  • 労働参加率は63.2%に上昇-前月63%
  • 主要な先行指標である臨時職の採用と週労働時間はいずれも増加
  • 業種別では、製造業の雇用が3000人増と低調な伸び。小売りは7カ月連続で減少。教育・医療サービスは2月以来の低い伸び
    • 一方、建設業は1万4000人増。プロフェッショナル・ビジネスサービスは3万7000人増
  • 「U6」と呼ばれる不完全雇用率は7.2%に上昇-前月は18年ぶり低水準の7%
    • U6にはフルタイムでの雇用を望みながらもパートタイムの職に就いている労働者や、仕事に就きたいとは考えているものの積極的に職探しをしていない人が含まれる
  • 統計の詳細は表をご覧ください

原題:U.S. Job Growth Misses Estimates in August With 130,000 Increase(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE