コンテンツにスキップする

ロシア銀行が3会合連続で利下げ、政策金利7%に-追加利下げも示唆

  • 金利は2014年3月以来の低水準、大半のエコノミストが予想した通り
  • 年末時点のインフレ率見通しは4-4.5%に引き下げ

ロシア中央銀行は3会合連続で利下げを決定した。インフレ率が目標の4%に向かって低下する中で、今後の会合で追加緩和はあり得ると表明した。

  6日の発表によると、ロシア中銀は指標の1週間物入札レポ金利を7.25%から7%に引き下げ、2014年3月以来の低水準とした。ブルームバーグが調査したエコノミスト35人のうち、33人が予想した通りだった。1人はより大幅な利下げを、もう1人は据え置きをそれぞれ見込んでいた。

Going Down

Inflation in Russia is decelerating sharply on weak consumer demand

Source: Russia's Federal Statistics Service

  ロシア中銀は「基本シナリオに沿って状況が展開する場合、今後の政策会合の1つで追加利下げの必要性を検討する」と文書で表明した。

  ロシアでは収穫時期が早かったことや低調な消費者需要で、今年のインフレ率が予想を上回るペースで低下。中銀は年末時点のインフレ率見通しを6月に予測した4.2-4.7%から4-4.5%へと引き下げた。

原題:Bank of Russia Cuts Rate for Third Time, Signals More Easing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE