コンテンツにスキップする

中国が軍派遣なら香港は「おしまいだ」-香港メディア界有力者

  • デモ参加者の若者の多くは決死の覚悟-ジミー・ライ氏
  • 民主化運動支持のライ氏がインタビューで語った

香港の民主化運動を支持しているメディア界の大物で、蘋果日報(アップル・デーリー)を創業した黎智英(ジミー・ライ)氏は、中国政府が香港に軍を派遣したら香港は「おしまいだ」と述べた。

Demonstrators Attend Anti-Government Protest In Hong Kong

黎智英(ジミー・ライ)氏(香港で8月)

Photographer: Justin Chin/Bloomberg

  デモ隊の抗議運動に沈静化の兆しが見えない中で、中国は軍を投入して介入する以外に選択肢はほぼないだろうと、黎氏は述べる。中国政府は現在、香港に隣接する深圳に軍を駐留させている。軍を投入すれば世界各国から未曾有の反発を招き、中国政府は大打撃を被る恐れがある。

  黎氏(70)は6日、自宅からブルームバーグTVとのインタビューに応じ、「軍を派遣すれば天安門事件の繰り返しになる。世界全体が中国に反発するだろう」と発言。そのような介入に対して米国が香港に付与している通商上の特別待遇を打ち切ると決定すれば「香港はおしまいだ。中国も同じことになるだろう」と話した。

  最初の大規模なデモ行進があった6月初めに林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が「逃亡犯条例」改正案を撤回していれば、数カ月に及ぶ混乱は避けられただろうとの見方を示した上で、「この3カ月で普通選挙が保証されなければ香港の自由は常に脅かされ続けることになると市民は実感した」と指摘。香港の長を直接選ぶ普通選挙を実現するまでデモが終わることはないだろうとし、「この運動に参加している若者の多くは死ぬ覚悟ができている」と続けた。

・備考:民主化運動を支持する香港メディア界の大物宅に火炎瓶-有線電視

原題:Hong Kong ‘Will be Done’ If China Deploys Troops, Jimmy Lai Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE