コンテンツにスキップする
Photographer: da-kuk/Getty Images

米投資適格社債の発行が過去最速のペース-今週は既に740億ドル

  • 高格付け債利回りは2.77%と、3年ぶり低水準-米国債相場の上昇で
  • モンデリーズやJPモルガン、アジレント、アップルなど起債
RF markets stocks
Photographer: da-kuk/Getty Images

投資適格級の米社債発行額が今週、740億ドル(約7兆9200億円)に達した。週間ベースとしては統計を取り始めた1972年以降で最高。5日だけで200億ドルに上り、今週の発行額は予想の400億ドルを既に大きく上回っている。

  米国債相場の上昇で高格付け債の利回りは2.77%と、3年ぶりの低水準にある。企業は世界市場の流れを追い風に、低金利での借り換えを進めている。

  5日には食品・飲料大手モンデリーズ・インターナショナル・ホールディングス・ネザーランドや電子計測機器メーカーのアジレント・テクノロジーズなどが起債。JPモルガン・チェースやスタンダードチャータードといった金融機関も発行に動いた。

  供給が高水準にもかかわらず流通市場は堅調で、発行体は負担を増やさずに当初の目標額を上回る規模を調達できている。40億ー50億ドルの発行を予定していたアップルは4日、総額70億ドルを起債した。

Average yield on investment grade debt is the lowest since 2016

原題:High-Quality Companies Are Selling Bonds at Fastest Pace Ever(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE