コンテンツにスキップする

楽天株が4.6%安、「携帯」開始に遅れと報道

  • 基地局整備に遅れ、開始は10月から2020年春に-報道
  • 10月からは利用者を5000人程度に限定し、料金は無料-報道

楽天株が一時、前日比4.6%安まで売られた。携帯電話事業サービスの本格開始が10月から2020年春にずれ込む見通しであることが分かったと日本経済新聞が5日、伝えた。基地局整備の遅れなどが要因とみられるとしている。

  楽天の株価は、一時前日比4.6%安の990円まで下落。8月28日以来の下落率となった。

  報道によると、10月からのサービスは利用者を5000人程度に限定し、料金は無料とする。6日に発表する予定という。

Key Speakers At The Rakuten Optimism Conference

楽天の三木谷社長

Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

  楽天は基地局の整備の遅れで、総務省から3度にわたり行政指導を受けていた。約6000億円を投じてクラウド上にネットワークを構築する独自開発の通信網の整備を進めているが、当初、自社網でのサービスは一部に限定し、他地域ではKDDIからローミング接続を受ける計画だった。

  携帯料金を巡っては、菅義偉官房長官が旗振り役となり、各社に値下げを促してきた。楽天は他社と比べ、安価な料金を設定する意向を示していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE