コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

ドイツ銀、債券部門でトレーダーやセールス数十人を削減

更新日時
  • 高利回り債とディストレスト、投資適格債チームのトレーダーが対象
  • 中南米のクレジット部門は完全に廃止されると関係者
A person enters the Deutsche Bank AG headquarters at 60 Wall Street in New York, U.S., on Monday, July 8, 2019. A total of 18,000 jobs are due to be cut as Deutsche Bank exits the equities business in a 7.4 billion-euro ($8.3 billion) restructuring intended to turn around years of decline.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

ドイツ銀行は、グローバル債券部門でトレーダーやセールス担当者を数十人規模で削減する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同行が約2カ月前に発表した抜本的な再編計画に伴う最初の合理化を債券部門はおおむね免れていた。

  人事情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、ニューヨークと海外の高利回り債とディストレスト債、投資適格債チームのトレーダーが削減の対象となる。関係者の1人によれば、完全に廃止される中南米のクレジット部門のような特定部署の業績伸び悩みが、今回の合理化に主に関係しているという。

  ドイツ銀は7月に発表した1万8000人の削減を含む再編を進めているが、株式トレーディング部門の人員が減らされる一方、自行が優位に立つ業務を重視する戦略に基づき、債券部門の大部分は保持されていた。

  同行は中南米のクレジット業務について、顧客に継続性を提供する観点から一部のサービスを維持する方針。関係者によれば、中南米部門の合理化に伴い、マネジングディレクターのエリック・アイスナー氏とポール・ディレーニー氏、レバレッジドクレジット・セールスのティモシー・フィッシャー氏、クレジットトレーディングのアンドルー・ミーニー氏が退職する。

  ミーニー氏はコメントを控えている。他の3人に電話でコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

原題:Deutsche Bank Cutting Dozens of Jobs in Fixed-Income Trading(抜粋)

(合理化に伴う退職者の詳細などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE