コンテンツにスキップする

【米国株・国債・商品】株高・債券安、貿易緊張が緩和-統計好調

更新日時

5日の米金融市場では株式が続伸、国債が大幅安。一連の指標が米経済への信頼感を高めたほか、貿易を巡る緊張が和らいだ。

  • 米国株は続伸、ハイテクや銀行が高い
  • 米国債は大幅安-10年債利回り1.56%に上昇
  • NY原油はほぼ変わらず、需要不安の再燃で上げ失う
  • NY金先物は急反落、逃避需要が後退

  株はテクノロジー銘柄を中心に買われ、S&P500種株価指数は5週間ぶりの高水準となった。米2年債の利回りが一時14ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇するのに伴い、銀行株の買いも膨らんだ。ADPリサーチ・インスティテュート発表の米民間雇用者数、米供給管理協会(ISM)発表の非製造業総合景況指数はいずれも好調となる中、ディフェンシブ銘柄は下げた。

  S&P500種株価指数は前日比1.3%高の2976.00。ダウ工業株30種平均は372.68ドル(1.4%)高の26728.15ドル。ナスダック総合指数は1.8%上昇。ニューヨーク時間午後4時55分現在、米10年債利回りは9bp上昇の1.56%。

Ths S&P plowed past the highest point of the range that thwarted August rallies

  FTSEラッセルの世界市場調査担当マネジングディレクター、アレック・ヤング氏は「米中貿易摩擦のエスカレートはもう何カ月も株式への向かい風となってきた。このためハイレベルの貿易協議が10月初めに開かれるとのニュースでリリーフラリーが起きたことに、意外性はない」とコメント。「つまるところ、株が上昇するには企業利益の伸びが必要であって、それは米中貿易の進展なしではあり得ない」と話した。

  米国債は急落。堅調な米経済指標に加え、欧州の債券安、活発な社債発行や、貿易を巡る楽観など悪材料が重なった。

  ニューヨーク原油先物相場はほぼ変わらず。一時5週間ぶり高値となったが、原油需要の先行き不透明感があらためて意識され、終盤に売られた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物10月限は4セント(0.1%)高の1バレル=56.30ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント11月限は25セント高の60.95ドル。

  ニューヨーク金先物相場は反落、ここ1年余りで最も大幅な下げとなった。貿易を巡る緊張が和らぐ兆候が出たほか、米経済指標が予想より良好だったため、逃避需要が後退した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は2.2%安の1オンス=1525.50ドル。

原題:Stocks Surge, Bonds Tumble on Trade Talks and Data: Markets Wrap(抜粋)
Treasury Yields Surge on IG Sales, Signs of Economic Strength
Oil Closes Little Changed After Late Sell-Off on Demand Woes
PRECIOUS: Gold Posts Biggest Loss in 14 Months as Haven Bid Ebbs

(第4・5段落に情報を追加し、相場を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE