コンテンツにスキップする

米国のリセッション確率、今年と来年で25%とダリオ氏は予想

  • FRBやECB、日銀のリセッション対応には限りがある
  • 米当局の利下げ、25bpずつのゆっくりしたペースで
資産家のレイ・ダリオ氏

資産家のレイ・ダリオ氏

Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg
資産家のレイ・ダリオ氏
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエーツを創業した資産家のレイ・ダリオ氏(70)は、米国がリセッション(景気後退)に陥る確率は今年と来年で約25%とみており、中央銀行によるリセッション対応には限りがあると述べた。

  ダリオ氏は5日にブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、米連邦準備制度理事会(FRB)と欧州中央銀行(ECB)、日本銀行は「次の下降局面では、それを過去と同じやり方で反転させる力はないという事実と向き合わなくてはならない」と述べた。

  同氏はさらに、米金融政策当局はゆっくりとしたペースで政策金利を引き下げるべきで、例えば25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)ずつが望ましいと述べたが、利下げの期間には言及しなかった。

  ダリオ氏はリセッションの可能性を測る上で、中央銀行の有効性や貧富の差、米大統領選挙、増大する中国の影響力など、あらゆる要素が重なり合っていることを考える必要があると述べた。

原題:Ray Dalio Sees 25% Chance of Recession This Year and in 2020 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE