コンテンツにスキップする

アップル、ディスプレー内蔵型の指紋認証技術を開発中-関係者

  • 20年発売のiPhone向けに開発中、21年にずれ込む可能性も
  • 新しい低価格モデルにも取り組み中、20年上期に発売も

アップルは早ければ2020年発売の「iPhone(アイフォーン)」での採用を視野にディスプレー内蔵型の指紋認証技術を開発していると、この計画に詳しい複数の関係者が明らかにした。アップル社内と国外のサプライヤーの両方で現在、この技術をテスト中だという。実際の搭載は21年発売のアイフォーンにずれ込む可能性もある。この取り組みが非公開だとして、関係者らは匿名を条件に語った。

  ディスプレー内蔵型の指紋認証はアイフォーンと競合するアンドロイド端末では今年、普及が始まった。サムスン電子華為技術(ファーウェイ)、オッポ(OPPO)、小米のフラッグシップモデルは全てこの技術を採用している。

  関係者らによれば、指紋読み取りセンサーがアイフォーンのディスプレーに組み込まれ、ユーザーはディスプレーの大部分で指紋をスキャンできるようになる。また既存の顔認証システムと並行して機能する形になるという。

Apple Inc. Kicks Off Product Blitz With IPhone Xs Line And Watches 

iPhone XS Max

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

  アップルの広報担当、トゥルーディー・マラー氏はコメントを控えた。

  関係者らによれば、アップルはテストで順調な結果が得られれば、20年発売のアイフォーンへの搭載を考えている。開発に詳しい関係者1人によれば、サプライヤーはアイフォーンにこの技術を組み入れる能力を備えているが、まだ大量生産できる状態には至っていないという。

  このほかアップルは、アイフォーン「SE」以来初となる低価格モデルに取り組んでいる。関係者らによれば、早ければ20年上期(1-6月)に発売される可能性がある。端末の形状は「8」と同様で、ディスプレーのサイズは4.7インチだという。指紋認証に関しては、ディスプレー内蔵型ではなく、ホームボタンに「タッチID」機能を組み込む形になる見通し。新しい低価格モデルについては日本経済新聞が今週、先に報じていた。

原題:Apple Working on In-Display Fingerprint ID for Future IPhones(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE