コンテンツにスキップする

米ADP民間雇用者数、4カ月ぶりの大幅増-労働市場の堅調示唆

ADPリサーチ・インスティテュートが発表した8月の米民間雇用者数は、4カ月ぶりの大きさで増加した。製造業の伸び減速や世界的な景気の弱さにもかかわらず、米労働市場が健全さを維持していることが示唆された。

キーポイント

  • 8月の民間雇用者数は19万5000人増
    • エコノミスト予想の中央値は14万8000人増
  • 7月は14万2000人増に下方修正された(速報値15万6000人増)

インサイト

  • 財生産部門の雇用は1万1000人増
  • サービス業の雇用は18万4000人増。ヘルスケアやレジャーなどの分野で伸びが目立った
  • 小規模企業の雇用者数は6万6000人増。中堅企業は7万7000人増。大企業では5万2000人増えた

エコノミストの見解

  ムーディーズ・アナリティクスのチーフエコノミスト、マーク・ザンディ氏:「景気が減速している中でも企業の雇用は堅調だ」-発表資料

  備考:ムーディーズはADPと共同で集計調査を行っている

原題:U.S. Companies Add Most Jobs in Four Months, ADP Data Show (1)(抜粋)

ADP Says U.S. Firms Added 195k Jobs in Aug.; Est. 148k (1)(抜粋)

(詳細やエコノミストの見方を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE