コンテンツにスキップする

ドイツ、製造業受注が大幅落ち込み-リセッションリスク悪化

  • 7月は前月比2.7%低下、市場予想は1.4%低下
  • 根本的な改善は今後数カ月は見込まれない-経済省

7月のドイツの製造業受注指数は前月比で低下した。同国をリセション(景気後退)の瀬戸際に追い込んだ製造業の低迷が悪化している。

  ドイツ連邦統計局の発表によれば、7月の受注指数は前月比2.7%低下。エコノミスト予想は1.4%の低下だった。6月は2.7%上昇。7月は海外からの受注が落ち込んだ。項目別では資本財、消費財、中間財の全てが前月比減少だった。

  経済省は「今も続く国際的な通商摩擦と製造業景況感の低調を踏まえると、勢いの根本的な改善は、今後数カ月は見込まれない」と説明した。

German economic prospects uncertain as trade war bites

原題:Drop in German Factory Orders Aggravates Recession Risk (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE