コンテンツにスキップする

スウェーデン中銀、緩和策縮小ペースの鈍化示唆-金利は据え置き

  • 海外の低金利とセンチメント悪化に言及しつつ、利上げ方針撤回せず
  • 発表を受け、スウェーデン・クローナは値上がりした

スウェーデン中央銀行は5日、超緩和的な金融政策からの出口戦略を堅持する計画を表明する一方で、これまで示唆していたよりも鈍いペースで緩和策縮小を進める必要性があると認めた。

  同中銀は「これまで通り金利は年末もしくは来年の初め頃に引き上げられると見込まれる」としながらも、「海外の低金利とセンチメント悪化は、前回の予測よりも鈍いペースでの利上げになる見通しであることを意味する」と説明した。

 

Sweden has had negative rates for over 4 years

  スウェーデン中銀はこの日、主要政策金利をマイナス0.25%に据え置くと発表。市場の予想通りだった。ただ、市場関係者の多くが利上げ方針の撤回を見込んでいたことから、発表を受けてスウェーデン・クローナは値上がりした。

原題:Riksbank Signals Commitment to Hikes, But at Slower Pace (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE