コンテンツにスキップする

フェイスブック、FBIと協議-20年大統領選セキュリティー対策巡り

  • 国土安全保障省や国家情報長官室の当局者も出席-関係者
  • 企業側からはグーグルやツイッター、マイクロソフトも参加
FRANCE-INTERNET-FACEBOOK
Photographer: LIONEL BONAVENTURE/AFP
FRANCE-INTERNET-FACEBOOK
Photographer: LIONEL BONAVENTURE/AFP

フェイスブックやグーグルなどの幹部が4日、米情報機関当局者と会談し、2020年の大統領選挙に向けたテクノロジー業界のセキュリティー面の取り組みについて協議した。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  協議が非公開であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、カリフォルニア州メンロパークのフェイスブック本社で行われたこの会合に、国土安全保障省と連邦捜査局(FBI)、国家情報長官室の職員のほか、ツイッターマイクロソフトの担当者も出席した。

  16年の米大統領選挙前にロシアが画策したとされる政府支援によるオンライン上の情報操作活動を含む選挙絡みのセキュリティー問題に、フェイスブックなどのテクノロジー企業がどのように備えていくかを話し合うのが会合の目的。20年の米大統領・議会選挙を前にロシアと中国、イランが米国の世論を操作しようとしているとトランプ政権の当局者1人が6月に明らかにしていた。

  マイクロソフトとツイッターの担当者は会議への出席を認めた。米情報当局者1人は同会議について、テクノロジー業界と政府との間で「共有の目標」を確立するための取り組みだと説明している。国家情報長官室の報道官はコメントを控えた。FBIと国土安全保障省のほか、グーグルにもコメントを求めたが、今のところ返答はない。

原題:Facebook Meets With FBI to Discuss 2020 Election Security (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE