コンテンツにスキップする

UBS、ディールメーキング部門トップにスティーブンソン氏ら起用へ

  • 昇進は投資銀行部門の広範囲な改革の一環-関係者
  • 投資銀行部門共同責任者のノベッリ氏らが今週にも発表か

スイスのUBSグループは投資銀行部門の抜本的な改革を準備しており、幹部2人を昇進させて世界のディールメーキング業務を統括させるほか、トレーディング部門を統合する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  ロス・スティーブンソン氏とハビエル・オフィシャルデギ氏は企業買収の助言や株・債券発行による資金調達を含む投資銀行業務を統括する。関係者は部外秘情報だとして匿名を条件に明らかにした。関係者の1人によると、株式部門責任者のジェイソン・バロン氏と外国為替・金利・通貨業務を率いるジョージ・アタナソプロス氏が統合されるトレーディング部門を統括する。

  今回の動きは広範囲な改革の一環で、最終的に数百人の人員削減につながる可能性もあると関係者は話した。投資銀行部門共同責任者に昨年就いたピエロ・ノべッリ氏とロブ・カロフスキー氏が昇進および関連の動きを早ければ今週発表する計画だという。

  UBSの広報担当はコメントを控えた。

原題:UBS to Name Stephenson, Oficialdegui to Lead Dealmaking Unit (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE