コンテンツにスキップする

日産は社債2500億円延期、西川氏報酬問題で-ガバナンス懸念の声

更新日時
  • 発行体の都合、と主幹事の三菱モルガン証券-4本立て債
  • 第三者委員会の調査も含めて経営に疑問符-投資家

西川広人社長の報酬問題が報じられた日産自動車は5日、社債2500億円の発行を延期した。一段のガバナンス悪化を社債投資家は懸念している。

  発行体の都合できょう条件決定予定の社債発行を延期する、と主幹事の1社の三菱UFJモルガン・スタンレー証券が5日資料で明らかにした。日産自コーポレートコミュケーション部の百瀬梓氏は、今回の報道を理由に起債を延期したと述べた。これに先立ち、西川社長は規定に違反して数千万円を報酬に上乗せした疑いがあったと共同通信が伝えた。社長は不正を認めて謝罪したと時事通信は報じた。

Nissan Braces for Pain as Weak Profit Forces Restructuring

日産自の西川社長

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  カルロス・ゴーン会長(当時)が昨年11月逮捕された日産自は不祥事後初の起債が先送りになった。4日内定した4本立て債の利率は同格付け債より高さが際立ち、発行額は2500億円と日産自で国内債の一度の金額として最大だった。引受関係者によると日産自は来週にも起債できるかどうかを探る。子会社で定例発行体の日産フィナンシャルサービスは昨年10月を最後に起債が途絶えている。

  ある投資家は日産自の今回債について、ここまでガバナンス悪化が露呈して起債すれば、発行後にまたスキャンダルが出て販売証券の引受審査能力も含めて訴訟問題になりかねないと指摘した。また日産自債を購入予定だった投資家は、社長が不正を認めたということでこれまでの第三者委員会の調査も含め経営に疑問符が付いたと述べた。利率は良いが危なすぎて次回はキャンセルしようかと考えているとしている。

(第2段落に日産自のコメントを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE