コンテンツにスキップする

「世紀の空売り」投資家、インデックスファンドに警鐘-CDOと類似

  • インデックスファンドへの資金流入で株価や債券相場にゆがみと指摘
  • バブルは「長く続けば続くほど崩壊はより深刻になる」とバーリ氏

ヘッジファンド投資家のマイケル・バーリ氏は、最近のインデックスファンドへの大量の資金流入について、2008年に世界的な金融危機が深刻化する前の債務担保証券(CDO)のバブルと類似性があると指摘した。CDOの価値はその後急落し、グローバル金融システムは破綻の瀬戸際に追い込まれた。

"The Big Short" New York Premiere - Outside Arrivals

マイケル・バーリ氏

写真家:Astrid Stawiarz / Getty Images

  金融危機より前にCDOの価値下落を見越した投資で成功したバーリ氏は、マイケル・ルイス氏のベストセラー「世紀の空売り」(原題:ザ・ビッグ・ショート)で取り上げられたことで知られる。

  同氏は3日ブルームバーグ・ニュースの電子メールによるインタビューに応じ、10年余り前にCDO購入がサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン債権の価値をゆがめたのと同様、インデックスファンドへの資金流入によって、今は株価や債券相場にゆがみが生じていると分析。そのような資金の流れがいつか反転すれば、市場は「荒れ模様になろう」と述べた。

  サイオン・アセット・マネジメントで約3億4000万ドル(約362億円)相当の運用管理に携わるバーリ氏は「多くのバブルがそうであるように長く続けば続くほど崩壊はより深刻なものになるだろう」と指摘した。小型のバリュー株を同氏が選好する理由の一つは、パッシブ運用のファンドにあまり組み込まれない傾向にあるためという。

原題:Michael Burry Explains Why Index Funds Are Like Subprime CDOs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE